MAKUBESTブログ

横断幕を作成するときどんな生地やサイズを選べばいいの?<

横断幕や垂れ幕、またスポーツの応援などに使う応援幕を作成したいと思ったときに生地、サイズをどんなものにしたらいいのかで1番悩まれるかと思います。今回は横断幕や応援幕に使われる生地やサイズをご紹介していきたいと思います。まず作成をしようと思ったときに、屋外で使うものなのか屋内で使うものなのか?、持ち運べるものがいいのか常設して使うものなのか?も生地を選ぶうえで重要なポイントになってきます。生地の耐久性や発色の仕方は素材によって変わってきます。

のぼりを立てるときのコツってあるの?<

のぼりは漢字で幟と表記します。街を歩いていると必ず目にするのぼりですが、立てることによってどんな効果があるのでしょうか?遠くからでも目立つのぼりはキャンペーン商品や店名を大きく記すことによって宣伝効果抜群でさらに観光地などでの目印や案内としても便利なツールとして使われます。よく目にする割には意外と知られていないのぼりについて紹介したいと思います。

横断幕やのぼり、バナースタンドの加工にはこんなものがある!第3弾<

今回ご紹介する加工は無料でできる加工より強力でより横断幕を美しく見せるための加工です。横断幕の4辺にロープを挟み込み、張りのある生地に見せる加工やミシンを使用せずウェルダー溶着機を使って幕のふちを袋状にしてパイプを通せるようにする加工。また上下にアルミのパイプを付けて幕を固定し壁や窓に吊り下げられるようにしたタペストリータイプにしたものなどいろいろなタイプに加工できるので見せ方も変わってきます!詳しくご紹介していきたいと思います。

横断幕やのぼり、バナースタンドの加工にはこんなものがある!第2弾<

のぼり旗やのれんは横断幕と違って必ず加工が必要になるアイテムだと言えます。加工方法は単純ですが、のぼりの場合はチチ加工する位置で宣伝効果に差が出たり、のれんの場合には切込みを文字と被らないようにすると美しく見えるなどちょっとした工夫をするとより効果アップすると思いますので製作される際に参考にしてみてください。

横断幕やのぼり、バナースタンドの加工にはこんなものがある!第1弾<

横断幕やのぼり、バナースタンドを作成後いざ使用するとなると固定して使用することが多いのではないでしょうか?ものによってそれぞれ異なる加工法があります。加工することによってより美しく実用的に掲げることができるので必要に応じて加工してみてください。今回はそんな加工の方法をご紹介していきます。

サイズ展開の豊富なバナースタンド<

ひとことにバナースタンドといっても、様々な種類やどこでどのように使うかによって選ばれる素材やサイズが変わってきます。バナースタンドはサイズ展開が豊富なのでその時々によって必要なサイズがきっと見つかると思います。今回は、前回ご紹介したバナースタンドのタイプ別に一番よく作成されているサイズをご紹介したいと思います。サイズで迷ったとき参考にしていただければと思います。

バナースタンドの種類はこんなにある!第2弾<

前回に引き続きバナースタンドの種類を紹介していきます。スタンドと広告面が一緒になっているものから別々ですぐに付け替えられるものなど。横断幕に比べ軽量で移動もしやすく簡単に掲示する場所を変えられるのもバナースタンドの魅力です。屋内用バナーから屋外対応のバナーまで様々なものがあります。シーンに合わせて選択すると抜群の効果を発揮してくれます。

バナースタンドの種類はこんなにある!第1弾<

バナースタンドには様々な種類があります。設置する場所や用途によって使い分けることで、効果的なアピールをすることができます。バナースタンドの中からどんなものを選んで設置すればいいか悩みますよね?今回はバナースタンドにはどんなものがあるのか、どういう場所でどんなスタイルのものが使われているのかを紹介していきたいと思います。

バナースタンドって知っていますか?<

バナースタンドとは何か?立てて使う旗看板ですが、のぼりとはまた違った大きい広告面で一目でアピールができます。テント生地にも使われる丈夫なターポリンを使っているので耐久性があり屋外でも長期間使用可能です。写真などで、色鮮やかに表現できるので集客に有効なアイテムです。それではもう少し詳しくみていきたいと思います。

アクリルパーテーション破格セール中です!<

いまだに全国の感染者数が1000人を超える日が続いている「新型コロナウイルス」。アクリルパーテーションを設置して飛沫感染予防対策を。一人一人が自分に今できることをしてみませんか?アクリルパーテーションをお得な価格で設置出来る機会、お見逃しなく!

押し出し材?キャスト材?アクリルの製法の違いについて<

同じアクリルでも製造方法が変わると特性も大きく異なってきます。キャスト材は押し出し材に比べて硬くひび(ソルベルトクラック)が入りにくいのが特徴ですが、その反面加工がしにくく値段も高いというようなお互いにいい部分、悪い部分があるので違いをよく比べて製品を選ぶと良いかもしれません。製法が変わるだけでこんなに変わってくるアクリル、興味深いですね。もう少し詳しく比較していきたいと思います。

パーテーションの素材、アクリルとポリカーボネートを比較<

パーテーションの素材ってどんなもので出来ているの?同じパーテーションでも添加されている物質の配合により特徴や特性も変わってきます。アクリルとポリカーボネートは両方「透明樹脂」で多くの産業で利用されています。両方取り揃えているショップでは、どちらを購入するか迷う場合もあると思います。今回は素材別でどんな特徴があるかなどを比較して書いていきたいと思いますので、これからアクリルパーテーションの購入をご検討の方はご参考にどうぞ。

アクリルパーテーション窓付き、窓なし?どちらを選ぶ?<

窓ありと窓なし2種類のパーテーションを使う場所や場面によって選択も異なると思います。今回は窓あり窓なしそれぞれの使用場所やメリット、設置することによって効果は期待できるのかという部分を見ていきたいと思います。設置することによって自分も相手もお互いに安心感が持てて感染対策できるので一石二鳥ですね。では、詳しく見ていきましょう。

アクリルパーテーションのお掃除方法とは?<

ウイルス対策にと購入し使用しているうちに汚れたりホコリが付着してしまったときにはどのようにお手入れしたらいいの?間違った掃除の仕方をしてしまうとひびが入ったり白く変化してしまったりと劣化してしまう可能性があるアクリル板。正しいお手入れ方法を覚えておくとよいかもしれません。今回は、お手入れ方法について紹介していきたいと思います。

横断幕の生地にはどんなものがあるの?②ターポリン編<

横断幕の生地にはどんなものがあるのか?前回に引き続き、今回はターポリン編です。塩化ビニール製の生地で汚れや水に強く色あせにくいので屋外の常設に向いています。よく使われるものに特に屋外で使用する横断幕・運動会やレジャー用テント・工事現場のシートなどがあります。他の生地に比べて重いので持ち運びには不向きですが耐久性があり長期間使用できます。内容でさらに詳しく書いていきたいと思います。

アクリルパーテーションで感染予防対策を!<

咳やくしゃみの飛沫防止・感染対策ができる「アクリルパーテーション」を設置すると本当に効果があるの?人と接する場面でガラスよりも高い透明度を利用して視界を遮らず、快適にコミュニケーションがとれるアイテムとして注目されています。マスクと一緒に使用すればさらに安心感が増すこと間違いなしです。今回はそんなアクリルパーテーションについて触れていきたいと思います。

どんな生地があるの?①トロマット編<

横断幕の生地にはどんなものがあるのか、色々なものがありますが今回はトロマット編です。ポリエステル100%の布生地で、しわになりにくく厚みがあり丈夫な割に軽いという特徴を持っています。どんなものによく使われているかというと横断幕・タペストリー・説明会や記者会見のテーブルにかけてあるクロスなどによく使われています。屋内なら常設でも長持ちしますが屋外だと耐久性の面で常設には向いていないという点もあります。内容でさらに詳しく書いていきたいと思います。

横断幕って何?<

誰でも1度は耳にしたことのある横断幕。横断幕とは何なのか、実際どこでどのような用途で使われるのかはじつは案外知られていないものです。今回は、横断幕を作成するときに何を具体的に決めたらよいのかという一番基本的な部分に触れていきたいと思います。横断幕の種類や道路でデパートで学校で、いろいろな場所でよく見かける幕にはどんな種類があるのでしょう?